湖国の人たち

石造物2000基網羅 「近江石佛事典」を発刊 卯田明さん(75)=草津市 /滋賀

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
発刊した「近江石佛事典」を手にする卯田明さん=滋賀県草津市で、礒野健一撮影
発刊した「近江石佛事典」を手にする卯田明さん=滋賀県草津市で、礒野健一撮影

調査そのものを楽しむ

 多くの街道が交差し人や物が行き交った近江には、その道しるべとなる石造物も多い。また、都から近いことで寺社も多く、境内には歴史ある石造物が往時をしのばせている。そうした石造物のうち大津、草津、栗東、守山、野洲、湖南、甲賀の各市に残る約2000基を網羅した「近江石佛事典1 近江湖南編」(サンライズ出版、452ページ、1万円)が今年3月に発刊された。著者の卯田明さん(75)=草津市=に、調査の苦労や石造物の魅力について聞いた。【礒野健一】

この記事は有料記事です。

残り1347文字(全文1576文字)

あわせて読みたい

ニュース特集