メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

湖国の人たち

石造物2000基網羅 「近江石佛事典」を発刊 卯田明さん(75)=草津市 /滋賀

発刊した「近江石佛事典」を手にする卯田明さん=滋賀県草津市で、礒野健一撮影

調査そのものを楽しむ

 多くの街道が交差し人や物が行き交った近江には、その道しるべとなる石造物も多い。また、都から近いことで寺社も多く、境内には歴史ある石造物が往時をしのばせている。そうした石造物のうち大津、草津、栗東、守山、野洲、湖南、甲賀の各市に残る約2000基を網羅した「近江石佛事典1 近江湖南編」(サンライズ出版、452ページ、1万円)が今年3月に発刊された。著者の卯田明さん(75)=草津市=に、調査の苦労や石造物の魅力について聞いた。【礒野健一】

この記事は有料記事です。

残り1347文字(全文1576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

  3. 荻原魚雷のラジオ交差点 このまま走り続けてほしかった

  4. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  5. 世界のコロナ感染、1億人超 77人に1人 死者は210万人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです