メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

二人展

篆刻に遊び心 朝来 /兵庫

自身の作品を前に、「壁面芸術として鑑賞してもらえれば」と話す稲葉竹葉さん=兵庫県朝来市山東町で、松田学撮影

 朝来市山東町粟鹿の「創作ギャラリー&カフェ紗蔵」で、日本篆刻(てんこく)家協会参与の稲葉竹葉さん=城崎町湯島=と、同協会評議員の細川恵苑さん=豊岡市中陰=による「篆刻二人展」が開かれている。26日まで。

 篆刻は、中国から伝わった石に字を彫るもので身近なアートとしても親しまれている。今回は2人が手掛…

この記事は有料記事です。

残り142文字(全文292文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 池江選手「生きていることが奇跡」 白血病公表後初のメディア 報ステ出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです