メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書道教室30周年記念展

海と石見神楽テーマに創作 浜田 /島根

石見神楽の蛇胴とコラボ展示された前衛書=島根県浜田市野原町の市世界こども美術館で、竹内之浩撮影

 浜田市の書道教室「平成教室」の30周年記念展が17日、同市野原町の市世界こども美術館で始まった。前衛書と石見神楽の蛇胴(じゃどう)をコラボさせたり、前衛書をデザインした障子から海が望めたりといった楽しい企画を含め、園児から80代までの漢字やかななど約100点。18日は午前9時~午後5時、最終の19…

この記事は有料記事です。

残り150文字(全文300文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  4. 桜を見る会関連支払い「不足」 市民団体、公選法違反容疑で首相告発へ

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです