メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
養殖ニジマス

美祢市「ます次郎」でブランド化 公募名から投票で決定 特産品としてPRへ /山口

 美祢市は、環境省が選ぶ名水百選の一つ「別府弁天池」(市秋芳町)の水で養殖したニジマスのブランド名が公募で「ます次郎」に決まったと発表した。池の湧水(ゆうすい)を利用したニジマス養殖は60年以上続いているがブランド化は初の試みで、市は特産品としてPRし、観光振興に活用する。【坂野日向子】

 ブランド化は市養鱒(ようそん)場が企画した。今年1月、市ホームページなどで名前を募り、全国から応募があった計134案から市や地域住民で作る…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文537文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. 「異議あり」が届く国会に

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです