メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セブンイレブン・ローソン

値引き 期限迫る食品、廃棄ロス低減

 セブン-イレブン・ジャパンは17日、消費期限が迫った弁当などを販売する際、来店客に通常より多くポイント還元する仕組みを今秋にも全約2万店に導入する方針を明らかにした。ローソンも同日、同様にポイント還元する実証実験を6~8月に愛媛、沖縄両県の全約450店で行うと発表した。食品ロスを減らすのが狙い。ポイント還元による実質的な値引きで、コンビニ大手がこれまで重視してきた定価販売からの方針転換となる。【和田憲二、本橋敦子】

 セブンは、弁当やおにぎりなど消費期限が短い商品について、消費期限の2時間前に「販売期限」を設定して…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文694文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
  3. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  4. 愛媛・伊方原発 3号機 特重施設の工事分割 四電、規制委に申請 /徳島
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです