与党

高まる解散機運 官房長官、内閣不信任案は「大義」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 夏の参院選に合わせて安倍晋三首相が衆院解散・総選挙に打って出るのではないかとの観測が与党内で広がっている。与野党幹部らが「衆参同日選」の可能性に言及する中、菅義偉官房長官は17日の記者会見で、野党から内閣不信任決議案が衆院に提出された場合、首相が衆院を解散する「大義」になると明言した。不信任案提出を巡る野党の動きをけん制したものとみられるが、政権中枢の発言だけに波紋を広げそうだ。

この記事は有料記事です。

残り1295文字(全文1487文字)

あわせて読みたい