メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野党

予備的調査を活用 下関北九州道路も要請書

 立憲民主党など主要野党が、40人以上の衆院議員の要請などに基づき、政府から情報を入手できる「予備的調査」の積極活用に乗り出している。塚田一郎元副国土交通相が安倍晋三首相らへの「忖度(そんたく)」に言及した下関北九州道路に関する調査要請書を衆院に提出した。与党が衆院予算委員会集中審議の開催に応じない中、政府に攻勢をかけるのに役立てたい考えだ。

 予備的調査は、国政調査権を強化するため衆院規則の改正で1997年に創設された。委員会の議決か、40人の議員の要請があれば国会職員に調査を命じ、職員は官公庁に資料の提出などを求めることができる。少数会派でも要求が可能で、大島理森衆院議長が活用を提案していた。

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文555文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 大阪・なんばのビル屋上で火災 朝の繁華街、一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです