メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

改憲論議が無視する“意思”=保阪正康

「不戦」、国民と天皇の絆の基礎

 上皇陛下は、4月30日に「退位礼正殿の儀」を終えて天皇の座を譲位された。30年余のその在位期間に、歴史的にも多くのことを成し遂げられたといえるだろう。最大の特徴は、近代日本の天皇像を大きく変えられたことであった。全国をくまなく回り、国民各層と接触して、名実ともに象徴天皇制を現実の形に作り変えられた。さらに、自らの発案で、従来の終身在位を近代以降では初の生前譲位に変更せしめられた。

 こうした天皇のあり方に対して、右派系の論者の中には「天皇は何もせず、言わず」に存在しているだけでい…

この記事は有料記事です。

残り1778文字(全文2035文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. トヨタ「シエンタ」13万台リコール アクアなど6車種も エンジン防水不備で
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです