ソニー・米マイクロソフト

クラウド型ゲームで提携 グーグル参入に対抗

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ソニーと米マイクロソフト(MS)は17日、インターネット上で大量のデータを管理するクラウドを活用したゲーム事業や人工知能(AI)分野での提携を発表した。専用ゲーム機では両社は任天堂とともに「3強」と呼ばれてきたが、インターネット経由でスマートフォン(スマホ)やパソコンで楽しむゲームが拡大。米グーグルが参入を表明しており、専用機でライバルだったソニーとMSは手を結んで対抗する。

 両社が提携するのは、インターネットを使ってデータを受信しながら同時に視聴や操作ができる「ストリーミング配信」で必要になるクラウドサービスの分野。MSのデータセンターが提供するクラウドサービスを使い、ソニーがゲームソフトをストリーミング配信する。

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文872文字)

あわせて読みたい

注目の特集