連載

焦点

ニュースの背景を解説、検証、深掘りリポート。

連載一覧

焦点

英EU離脱巡り混乱 新興ブレグジット党、急伸 怒りの民意代弁

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ファラージ・ブレグジット党党首らのスピーチを真剣に聞く人たち=英イングランド中部フェザーストーンで5月13日
ファラージ・ブレグジット党党首らのスピーチを真剣に聞く人たち=英イングランド中部フェザーストーンで5月13日

 欧州連合(EU)離脱を巡り混乱が続く英国で、新興のポピュリズム(大衆迎合主義)政党「ブレグジット(英国のEU離脱)党」の人気が急浮上している。23~26日に実施される欧州議会選の世論調査では、2大政党の支持率合計を上回るほど。離脱派が勝利した国民投票から約3年。いまだに「民意」を反映できない政治への怒りを、ブレグジット党が吸い上げている。【ロンドン服部正法】

 「(保守党と労働党の)2大政党は離脱の国民投票の結果を尊重するといい、議会も離脱交渉を承認し期日も決めた。それなのに議員たちは離脱をストップさせている」。欧州議会選を控え、イングランド中部フェザーストーンで13日に開かれたブレグジット党の集会で、ナイジェル・ファラージ党首(55)が声を張り上げた。さらに「これは離脱の問題以上に民主主義と信頼の問題。2大政党制はもはや機能しない」と続けると、白人の…

この記事は有料記事です。

残り2122文字(全文2503文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集