メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラスチック危機

ごみ処理、海外頼みツケ 中国禁輸、業者悲鳴

 有害廃棄物の国際的な移動を規制するバーゼル条約で、汚れたプラスチックごみが2021年から対象に加わることが決まった。17年末に中国がリサイクル資源としてのプラごみ輸入を原則禁止して以降、国際情勢は激変した。日本は国内での処理が追いつかなくなり、相当量を輸出頼みにしてきたツケが回ってきている。【鈴木理之、八田浩輔(ブリュッセル)、大場あい】

 「夏になればイベントが増え、プラごみも増える。処理しきれないのでは」。東京都内で産業廃棄物の収集運…

この記事は有料記事です。

残り2363文字(全文2584文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  3. 拳銃強奪容疑者、電車で逃走図る ICカード不具合で入れず
  4. 負の連鎖断ち切る 児童虐待 親支援で再発防止
  5. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです