メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食・FOOD

煎茶を食べる 新緑の爽やかさ丸ごと

 <くらしナビ ライフスタイル>

 鮮やかな緑がまぶしい5月は新茶の季節でもある。ていねいにいれて飲む煎茶も格別だが、茶葉をまるごと味わってみたい。日本茶インストラクターで菓子研究家の本間節子さんに、家庭で気軽に楽しめる3品を教えてもらった。

 本間さんは茶葉を料理に使う際、水分を含ませて柔らかく戻す。このとき、熱い湯に浸すと香りが立ち、煎茶らしい渋みも出る。冷水なら甘みが出る。冷たい牛乳に10分ほど浸しても渋みが出にくい。「飲むためにお茶をいれるときと同じように味や香りを考えて料理に使うと楽しい」

 好きな銘柄で100グラム1000円程度の「ちょっとおいしい茶葉」を選ぶのがお薦め。この日は3品とも同じ「深蒸し煎茶」を使った。深蒸しは茶葉が細かいので料理になじみ、味も出やすくなる。

この記事は有料記事です。

残り1768文字(全文2110文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 自宅療養中コロナ死21人 7人は入院先決まらず待機中 症状急に悪化

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです