メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲夏場所

炎鵬、多彩に5勝 鶴竜6連勝

炎鵬(右)が上手ひねりで矢後を破る=東京・両国国技館で2019年5月17日、竹内紀臣撮影

6日目(17日・両国国技館)

 横綱・鶴竜は大栄翔を土俵際ではたき込み、初日から6連勝。10勝以上すれば大関に復帰できる栃ノ心も、逸ノ城との関脇対決を制して全勝を守った。平幕でただ一人勝ちっ放しだった朝乃山は、阿武咲の出足に屈して初黒星。1敗はほかに新入幕の炎鵬。両大関は高安が玉鷲の突き押しに敗れ、豪栄道も千代大龍に引き落とされ、ともに3勝3敗になった。

この記事は有料記事です。

残り1130文字(全文1307文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  2. ORICON NEWS 高橋留美子くくりで『全るーみっくアニメ大投票』受付開始だっちゃ

  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

  4. 特集ワイド 朝鮮語に生きた塚本勲さん、85歳の怒りと執念 隣国理解、まず言葉から 韓国たたきばかりの政治・マスコミ

  5. 松井・大阪市長「汚染処理水の受け入れ」可能性に言及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです