メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文化審答申

長野・旧開智学校、国宝に 文科相に答申

 国の文化審議会は17日、明治初期に建てられた旧開智学校校舎(長野県松本市)を国宝に、曹洞宗大本山の永平寺(福井県永平寺町)や真宗本廟(ほんびょう)東本願寺(京都市)など6件の建造物を新たに重要文化財に指定するよう柴山昌彦文部科学相に答申した。明治以降の学校建築の国宝指定は初めて。近く答申通り指定され、建造物の重要文化財は2503件(うち国宝227件)となる。

 旧開智学校校舎は1876年に完成。幕末から明治初期ごろに流行した「擬洋風建築」で、正面玄関や等間隔…

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文712文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  4. ORICON NEWS 松本人志“芸人仲間”に呼びかけ「プロ根性で乗り越えましょう」
  5. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです