メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

走れ!ライジング

バスケットボール 「愛されるクラブに」 B2から新たな船出 経営危機の教訓踏まえ

 財務状況の悪化でバスケットボール男子Bリーグ1部(B1)から降格したライジングゼファーフクオカ(福岡)の来季の戦いの舞台が、B2に決まった。資金繰りを正常化できなければリーグに残れない恐れもあったが、最悪の事態は回避。神田康範社長は地元企業やファンの支援に感謝し「喉元過ぎて熱さを忘れないよう、長く愛されるクラブをゆっくり育てていきたい」と、B1復帰を急がず経営基盤の強化に注力する考えだ。【野村和史】

 経営危機が表面化したのは先月9日。決算期の6月末に運転資金1億8000万円が不足する見通しを受け、…

この記事は有料記事です。

残り690文字(全文942文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  5. 防災なるほドリ 帰れなくなったらどうしたらいいの?=回答・金森崇之

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです