メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦 第4局 3冠獲得「豊島時代」到来 愛知初・令和初の名人

 シリーズのさなかに元号が改まった第77期名人戦七番勝負。福岡県飯塚市で16、17の両日指された第4局も、勢いに乗る挑戦者の豊島将之王位(29)が佐藤天彦名人(31)を圧倒し、4連勝で令和最初の名人となった。棋聖も併せ現役最多の3冠となり、名実共に将棋界の頂点に立った豊島。羽生善治九段(48)が無冠となった後、群雄割拠の時代に突入した棋界の勢力図が動き始めた。【新土居仁昌、丸山進】

 20歳で王将戦の挑戦者になり、若手関西勢のトップを走っていた豊島。しかし、タイトル獲得は糸谷哲郎八…

この記事は有料記事です。

残り1885文字(全文2127文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  2. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  3. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  4. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  5. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです