メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者宅を家宅捜索 米加州警察 捜査報告書入手で トランプ政権の影響か

ハンマーを持ってジャーナリストのブライアン・カーモディ氏宅の捜索に入る警察官らを記録した監視カメラ画像=カーモディ氏のツイッターより

 【ロサンゼルス福永方人】米西部カリフォルニア州サンフランシスコ市で、弁護士の変死をめぐる地元警察の捜査報告書を入手したジャーナリストが、警察から取材源を明かすよう求められ拒否したところ、今月10日に家宅捜索を受けパソコンや携帯電話などを押収された。リベラルな同州で当局による報道関係者への抑圧的な措置は異例で、メディアを敵視するトランプ政権の影響拡大を懸念する声が上がっている。

 今年2月、市内の住宅で公選弁護人の男性が倒れ、搬送先の病院で死亡した。フリージャーナリスト、ブライ…

この記事は有料記事です。

残り805文字(全文1045文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

  2. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  3. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

  4. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  5. 台風17号 暴風でトタン屋根吹っ飛び民家に直撃 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです