メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豪総選挙 保守連合続投へ 労働党が敗北宣言

投票を終え、妻を抱きしめるスコット・モリソン豪首相=シドニーで18日、AP

 【メルボルン武内彩】オーストラリアの総選挙は18日投開票された。焦点となる下院(定数151)で与党・保守連合(自由党、国民党)が優位を保っている。当初は6年ぶりの政権交代の可能性が取りざたされたが、保守連合が続投する見通しとなった。野党・労働党のショーテン党首は同日夜、敗北を認める宣言をした。

 豪州選挙委員会は開票率89.39%時点の獲得議席は、保守連合74▽労働党67▽その他7▽未確定3と発表した。選挙前の勢力は保守連合が74、労働党が69だった。

 直前の世論調査では労働党の支持率が51%で保守連合の49%を上回っていたが、保守連合が選挙戦の最終盤に盛り返した。

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文816文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  3. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. 「桜を見る会」招待者内訳の調査記録作成せず 菅氏「対象者少数だったので」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです