メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南光の「偏愛」コレクション

「難しいから、挑める」 筑前琵琶の人間国宝 奥村旭翠さんとのトーク拡大版

筑前琵琶の人間国宝の奥村旭翠さん(右)に弾き方を教わり、「難しい」とうなる桂南光さん=大阪府藤井寺市で2019年4月27日、木葉健二撮影

 それまで琵琶という楽器について興味がなかった桂南光さんは、ある時テレビで筑前琵琶の演奏を聴き、その音と語りに一気に引き込まれました。演奏していたのは、琵琶界の重要無形文化財保持者(人間国宝)・奥村旭翠(きょくすい)さん。優れた芸の持ち主であるだけでなく、たくさんの弟子を育て、琵琶の世界の裾野を広げることにも貢献してきた、筑前琵琶の第一人者です。南光さんは、自称「普通の大阪のおばちゃん」というざっくばらんなおしゃべりも魅力の奥村さんを訪ね、筑前琵琶のこと、師弟のこと、稽古(けいこ)のこと、大いに語り合いました。【構成・山田夢留】

この記事は有料記事です。

残り4410文字(全文4677文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  3. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  4. ムシに学んだ高精細印刷 インキ不要、安価に発色 京大グループ開発
  5. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです