メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支援足りぬ海外犯罪 カナダ留学中に殺害された古川夏好さん母が語る「感謝の気持ち」

バンクーバーの下宿先で見つかった夏好さんのメモ帳やノート。英語の単語や熟語などがびっしりと書かれていた=青森市内で、一宮俊介撮影

 2016年9月、カナダ西部のバンクーバーに留学中だった、青森県出身の古川夏好(こがわなつみ)さん(当時30歳)が殺害された。昨年11月、バンクーバーの裁判所はこの殺人に関わったとして、ウィリアム・シュナイダー被告に仮釈放が14年間認められない終身刑を言い渡した。

 海外にいる家族を犯罪で失った時、遺族は言葉や法律の違いによる情報収集の難しさや度重なる長距離移動などで、精神的、経済的に追いつめられる。公的なサポート体制も国内に比べて薄いのが現状だ。

 そんな中、夏好さんの母恵美子さん(59)は事件後の日々を「一番大きいのは感謝の気持ちです」と振り返…

この記事は有料記事です。

残り3946文字(全文4221文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに
  3. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  4. 「出演見合わせ」「場面カット」などテレビ各局、対応に追われる 吉本所属芸人11人ら処分受けて
  5. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです