メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

龍馬像建立30年 男の熱い思いに触れて 長崎市・風頭公園

龍馬のポーズで記念写真を撮る人たち。観光スポットとしてすっかり定着した=長崎市の風頭公園で2019年5月11日午後1時27分、今野悠貴撮影

 長崎の街を見下ろす風頭公園(長崎市)に立つ坂本龍馬像が、1989(平成元)年に建立され今月で30年となった。龍馬とゆかりが深い伊良林地区で町おこしに取り組んできた市民団体は18、19日に現地などで記念のイベントを予定している。【今野悠貴】

 伊良林地区には、龍馬らが作った日本初の商社とされる亀山社中があった。龍馬と交流した写真家、上野彦馬の墓地があるものの、社中跡には石碑がある程度で、足を運ぶ観光客は多くなかった。

 そこで市内の飲食店経営、河野健一さん(71)が地元の龍馬ファンらと87年、「龍馬の銅像建つうで会」…

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文727文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです