メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外京アニ火災 33人の死亡確認 平成以降最悪

高齢ドライバー検査に限界 免許返納進まず 「車なし生活」支援課題に

自宅前まで送ってくれた予約バスを降りる安生さん(右)。毎日のように利用しているという=栃木県鹿沼市で2019年5月14日、清水健二撮影

 19日で発生1カ月になる東京・池袋の母子死亡事故をはじめ、高齢のドライバーによる重大な交通事故が後を絶たない。免許更新時の認知機能検査で問題なしとされた高齢者が起こすケースも多く、現行の対策の限界もうかがわせる。悲劇を繰り返さないための有効な手立てはあるのか。【小川祐希、佐々木洋、山寺香】

「問題なし」でも重大事故

 「病院で診察を受けたら、認知症かもしれないと言われた」。今月中旬、茨城県警運転免許センター(茨城町)に常駐する保健師の高野良子さん(56)に、80代後半の男性から相談の電話がかかってきた。「そろそろ免許を返納したらいかがですか」。高野さんは優しい口調で促した。

 2017年3月施行の改正道交法で、警察庁は75歳以上の運転手に対し、これまでの免許更新時に加えて信…

この記事は有料記事です。

残り3235文字(全文3574文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  3. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  5. 新海監督、京アニに「どうかご無事で」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです