メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大津園児死傷 被告に禁錮4年6月の実刑 大津地裁判決

屋久島登山者孤立 2次災害の恐れで夜の救助断念

屋久島町

 九州南部は18日、東から湿った空気が流れ込んだ影響で局地的に激しい雨となり、鹿児島県屋久島町の屋久島南部付近では午後6時までの1時間に約120ミリの大雨を記録した。町によると、縄文杉に向かう県道など数カ所で土砂崩れが起き、複数の観光バスや乗用車が立ち往生。計262人が孤立し、このうち5人が動けない状態との情報があるとしている。

 県や町によると、土砂崩れは観光施設「ヤクスギランド」や縄文杉につながる県道592号など複数の場所で発生した。262人はバスや山小屋に退避しているが、バスに入りきれない計41人が車外で過ごしているという。

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文815文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  2. 「みんなしゃべれます」泣き叫ぶ職員 やまゆり園での犯行詳細が明らかに 相模原殺傷

  3. 終わらない氷河期~疲弊する現場で 「どれくらい子どもたちと話していないだろう」 51歳個人配送業男性のため息

  4. 相模原殺傷被告、障害者排斥の主張変えず 「死怖い」極刑は恐れ

  5. 東京マラソン 一般参加者の縮小検討 新型肺炎受け「あらゆる想定している」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです