メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操 村上茉愛がNHK杯棄権 理由は「両仙腸関節症」

村上茉愛=長谷川直亮撮影

 体操の2018年世界選手権女子個人総合銀メダリストの村上茉愛(まい)=日体ク=が18日、世界選手権(10月、ドイツ・シュツットガルト)代表選考会を兼ねたNHK杯(18~19日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ)を棄権した。腰痛の影響とみられ、欠場理由は「両仙腸関節症」としている。

     日本体操協会によると、世界選手権女子代表(5人)は、4月の全日本選手権の得点を含めた総合成績で争うNHK杯の上位4選手を選出。残り1人についても、今大会の上位12人に入ることが条件となる。

     村上は16日の公式練習には参加したが、17日は「調整のため」として姿を見せなかった。4月の全日本選手権に出場した際には、「新しい技を練習する中で腰が痛くなった」と説明。3月ごろには日常生活に支障が出るほどの痛みがあったと明かしていた。

     今年の世界選手権で、日本女子は来年の東京五輪団体総合の出場枠獲得を目指している。既に出場枠を得ている国・地域を除く上位9チームが権利を得る。【円谷美晶】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
    2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
    3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
    4. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算
    5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです