メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寺本が優勝 世界選手権代表に 体操NHK杯女子

体操NHK杯女子個人総合を制した寺本明日香の床運動=東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで2019年5月18日、梅村直承撮影

 体操の世界選手権(10月、ドイツ・シュツットガルト)代表選考会を兼ねたNHK杯は18日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで女子個人総合が行われ、寺本明日香(ミキハウス)が3年ぶり3回目の優勝を果たし、7大会連続となる世界選手権代表に決まった。今大会は4月の全日本選手権の予選、決勝を含む合計得点で争われ、全日本覇者の寺本はこの日の4種目で54.165点、合計で166.163点とした。

 全日本選手権を4年ぶりに制した寺本が、NHK杯でも3年ぶりの頂点に立った。平均台などでミスはあったものの、「自分の演技をしっかりやることが点数につながる」と得意の跳馬では高得点をマーク。全日本からのリードを守り切った。

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文686文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  3. 時の在りか 小池都知事再選を危ぶむ=伊藤智永

  4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです