メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貴景勝の早期復帰に懸念の声

貴景勝=エディオンアリーナ大阪で2019年3月24日、平川義之撮影

 新大関の貴景勝が再出場する。師匠の千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)は休場を決めた16日、「全治は3週間で済まないと思う。22歳で将来もある。無理はさせない」と話していたが、18日は右膝の痛みや腫れが既に引き、前夜は屈伸運動に加えて「そんきょしても大丈夫。無理している表情でもなかった」と再出場を認めた理由を説明した。

 2015~17年に横綱審議委員会の委員長を務めた整形外科が専門の守屋秀繁・千葉大名誉教授は「3、4…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文562文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  2. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. さいたま小4殺害、男児父親の逮捕状 死体遺棄容疑 埼玉県警

  5. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです