メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝乃山勢い衰えず「先のことは考えず」 大相撲夏場所7日目

嘉風(右)を押し出しで破った朝乃山=両国国技館で2019年5月18日

 朝乃山が勢いを取り戻した。前日の黒星を振り払うように幕内最年長37歳の嘉風を攻め切った。

 立ち合いから右をねじ込み、一気に出た。土俵際でも押し込み、勝負を決めた。「前に前に攻められた。足も腕も自然に出た」と満足そうだった。

 前日の6日目に初日からの連勝が止まった。「全勝を意識して硬くなってしまった」と反省。「連勝中の踏み込みなどを振り返った」と感覚を取り戻し、土俵で発揮した。

 富山県出身の25歳。近大4年で全日本選手権4強などの実績から、2016年春場所に三段目100枚目格…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文552文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 殺害された小4男児は英語好き、熱心に塾通い 朗らかで雰囲気明るく

  5. 「過去の歴史想起」外務省、かつて旭日旗で注意 五輪で容認と矛盾?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです