メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

[PR]

 ここで「べい」はアメリカのことです。日本にっぽんとアメリカのめで、日本にっぽん安全あんぜん保障ほしょうするためアメリカぐん日本にっぽん駐留ちゅうりゅうすることなどをさだめた「日米安全保障条約にちべいあんぜんほしょうじょうやく」にもとづいてつくられました。

     日米地位協定にちべいちいきょうていは、日本国内にほんこくないのアメリカぐん施設しせつやその兵士へいし軍属ぐんぞくぐんやとわれているひと)に特別とくべつ権利けんりみとめています。訓練くんれんけた日本人警備員にっぽんじんけいびいんが、アメリカぐん施設しせつ区域くいきじゅうなどの小型こがた武器ぶき携帯けいたいして警備けいびたることも地位協定ちいきょうていによりみとめられています。けれども、そとってることはみとめられていません。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

    2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

    3. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

    4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

    5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです