メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鼎談 平成の特撮・アニメは何を描いてきたのか(上)日本を代表する文化に

平成の特撮、アニメを振り返って語り合う岡本健さん、小新井涼さん、神谷和宏さん(左から)=神谷さん提供

 「平成」の時代に特撮とアニメは何を描いてきたのか。特撮に関する著作がある神谷和宏さん(北海道大国際広報メディア・観光学院博士後期課程)、ポップカルチャーの総合情報サイト「まんたんウェブ」などでアニメに関するコラムを連載中のアニメウオッチャー・小新井涼さん、そして両分野に造詣が深い近畿大学総合社会学部の岡本健准教授による鼎談(ていだん)で2回にわたって読み解いていく。【まとめ・大村健一/統合デジタル取材センター】

 神谷 まず、平成とは、特撮やアニメが一部のマニアが愛好するものにとどまらず、この国を代表する文化と…

この記事は有料記事です。

残り4520文字(全文4779文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 九州北部・山口、観測史上最も遅い梅雨入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです