メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鼎談 平成の特撮・アニメは何を描いてきたのか(下)テロと震災の影響

平成の特撮、アニメを振り返って語り合う岡本健さん、小新井涼さん、神谷和宏さん(左から)=神谷さん提供

 平成の特撮とアニメを振り返る鼎談(ていだん)の「下」は、2000年代以降の作品を中心に、特撮に関する著作がある神谷和宏さん(北海道大国際広報メディア・観光学院博士後期課程)、ポップカルチャーの総合情報サイト「まんたんウェブ」などでアニメに関するコラムを連載中のアニメウオッチャー・小新井涼さん、そして両分野に造詣が深い近畿大学総合社会学部の岡本健准教授の3人が語る。令和の時代のアニメや特撮に期待することも聞いた。【まとめ・大村健一/統合デジタル取材センター】

 小新井 16年に公開され、邦画史上2番目の興行収入を記録する大ヒットとなったアニメ映画「君の名は。…

この記事は有料記事です。

残り5158文字(全文5439文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  3. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. 大阪の警官襲撃・拳銃強奪 33歳男逮捕 防犯カメラ、8キロ追跡 山中、リュック枕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです