メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと人

一般社団法人「磊ノ島」代表で漫画家 渡辺あゆ子さん /山口

10年後も住める島づくり 渡辺あゆ子さん(61)

 7年前、周南市の離島・大津島に30年ぶりにUターンした。帰郷後、島の人口はどんどん減っていく。現在は人口234人、高齢化率は80・3%。昨秋、「10年後まで人が住める島づくり」を目指して一般社団法人「磊(らい)ノ島」を設立し、代表理事に就いた。「磊」は石がごろごろしている様子を表す。また、豪放磊落の言葉の通り、心の広いことを言う。黒御影(みかげ)石を産出する島の姿を託した。

 「この島を無人島にさせないためには、仕事が必要」と、馬島港近くの使われていなかった食堂をリノベーシ…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文592文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. アクセス 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです