メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと人

国際的なバレエコンクールで入賞 田中玲百奈さん /山口

 米国フロリダ州で、毎年開催される国際的なバレエコンクールの最年少部門で今年3月、7位に入賞した。

 福岡県久留米市生まれ。山陽小野田市出身の母親の玲さん(41)が「長く続けられる習い事を」と考え、同市の黒木隆江バレエスタジオで4歳から学んでいる。久留米市の市立日吉小に通いながら、週末は玲さんの送迎で山陽小野田市のスタジオへ。金曜日から日曜日まで、計14時間、練習に励む。

 7歳の時、北九州で開かれた大会に初めて出場した。当時は、まだバレエを始めたばかりで、その後もいくつかの大会に出てきた。そんな中、指導する黒木さんの「早い段階で世界的なレベルを経験させるのがいい」という勧めで、昨年11月、米国のバレエコンクールに出場することを決めた。全米各地だけでなく、カナダやブラジル、韓国などからも参加がある大会で、事前の動画審査もある。審査通過後の3月に渡米したが、日本からは…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文686文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  3. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです