メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長からの手紙

砂浜、青い空、Tシャツ /高知

「Tシャツアート展」の会場に並ぶTシャツ=高知県黒潮町で2019年5月2日、井上大作撮影

 コンセプトがずっと心に残っていました。ゴールデンウイーク(GW)中に毎年、黒潮町の入野海岸で開かれる「Tシャツアート展」。皆さん、きっとご存じのイベントだと思います。「私たちの町には美術館がありません。美しい砂浜が美術館です」。主催するNPO法人「砂浜美術館」は、開催趣旨をそう記します。

 今月2日、高知市から幡多路への道は大混雑でした。高速の出口で渋滞し、道の駅へも入れません。改元の連休前半にぐずついていた天気もようやく回復し、絶好の行楽日和。Tシャツアート展の会場入り口はおしゃれな屋台が並び、多くの人であふれていました。

 31回目の今年、1013の作品が全国から寄せられました。半数近くは高知県内からですが、北海道から沖…

この記事は有料記事です。

残り1054文字(全文1369文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 九州北部・山口、観測史上最も遅い梅雨入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです