メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州地域循環共生圏シンポジウム

「再生可能エネルギー有効活用に蓄電技術重要」 ノーベル賞・天野浩教授が講演 /福岡

 持続可能な社会づくりを考える「九州地域循環共生圏シンポジウム」が18日、中央区渡辺通の電気ビルみらいホールであった。青色発光ダイオード(LED)の開発で2014年にノーベル物理学賞を受賞した天野浩名古屋大教授が基調講演し「九州は再生可能エネルギーの最先端地域だが課題先進地域でもある」と述べ、供給過剰に対処する蓄電技術の重要性を説い…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文418文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 日本海側、過去にもM7クラスの地震 津波で死者も 新潟震度6強
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  5. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです