特集

九州北部豪雨

2017年7月、九州北部を中心に活発な前線の影響で記録的な大雨に見舞われ、大規模な河川の氾濫、住宅や施設の孤立が相次いだ。

特集一覧

九州北部豪雨

「バレーボールで朝倉元気に」 復興支援教室に地元出身Vリーガーと小学生120人 /福岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 朝倉市郡出身でバレーボールのVリーグで活躍する選手らの有志が18日、同市の朝倉体育センターで小学生を対象に「九州北部豪雨復興支援バレーボール教室」を開いた。市立南陵中学校出身でFC東京所属の野瀬将平選手(25)が復興の役に立ちたいとVリーガーに呼び掛け、クラウドファンディングで資金集めもして実現した。

 教室には選手、コーチ計12人と、朝倉市、筑前町、小郡市、大刀洗町のバレーボールクラブの小学生120人が参加。開会式で野瀬選手は「バレーボールを通じて触れ合い、朝倉から元気になろう。一生忘れない日にしたい」とあいさつした。

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文459文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集