メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

土地買い上げ運動の草分け(その1) 豊かな磯「大切に」45年

磯の観察会で、和歌山県立海南高の生徒たちと交流する「天神崎の自然を大切にする会」業務執行理事の玉井済夫さん(左手前)=和歌山県田辺市で、幾島健太郎撮影

 潮の引いた磯に、笑い声の輪が広がった。和歌山県第2の市、田辺市。4月中旬、「天神崎(てんじんざき)」と呼ばれる小さな岬で、玉井済夫(すみお)さん(80)は、地元の高校生に囲まれていた。愛用のステッキを手に潮だまりをのぞき込むと、「アメフラシがいる」と言いながら、牛の角のような突起のある生物をひょいとつかみ上げた。

 恐る恐る手を伸ばした女子生徒たちは「気持ち悪い」「かわいい」と大騒ぎ。玉井さんは、アメフラシの卵が…

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文682文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. ピエール瀧被告に判決 懲役1年6月、執行猶予3年 麻薬取締法違反で
  3. 鮮明な写真公開 タンカー攻撃で 米政府 「イラン関与」を改めて主張
  4. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  5. 日の出待ち、府警40人が山に 急転直下の逮捕劇 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです