メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

ロンドン経済会議と大阪G20 国際情勢、1930年代に似る=中西寛・京都大教授

中西寛・京都大教授=北山夏帆撮影

中西寛(ひろし)

 日本社会が平成から令和への移行を連休で過ごしている間に、国際情勢はにわかに動き始めていた。5月に入って北朝鮮がミサイルと推測される飛翔(ひしょう)体の発射を開始し、中東ではイランを巡る情勢が緊張を高めている。そして妥協が予想されていた米中の交渉は頓挫し、両国の関税引き上げ合戦が現実化しはじめた。

 もちろんそれぞれの事態には固有の背景があり、このまま状況が急展開を続ける可能性は低い。北朝鮮にとっ…

この記事は有料記事です。

残り1556文字(全文1763文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. トヨタ「シエンタ」13万台リコール アクアなど6車種も エンジン防水不備で
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです