メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

土地買い上げ運動の草分け(その2止) 市民の情熱、全国へ

貴重な自然が守られている天神崎=和歌山県田辺市で2019年2月21日、本社ヘリから小出洋平撮影

 

 ◆和歌山・天神崎の保全目指した地元教師

自費で募金に奔走

 黒潮が流れ込む和歌山県田辺市の田辺湾は、熱帯のサンゴ礁に劣らないほど魚や貝、海藻の種類が豊富だ。湾の北側に突き出た「天神崎(てんじんざき)」は、緑豊かな20ヘクタールの丘陵地と、干潮時に顔を出す21ヘクタールの平らな岩礁からできている。JR紀伊田辺駅から車で10分ほどのところにあり、市民に身近な自然だ。海岸では、ハゼ、フジツボ、スジエビ、イソギンチャク、ムラサキウニを観察でき、湿地にはセトウチサンショウウオ、丘陵地にはオオキンカメムシが生息する。

 公益財団法人「天神崎の自然を大切にする会」業務執行理事、玉井済夫(すみお)さん(80)は「子どもの…

この記事は有料記事です。

残り4602文字(全文4908文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 警察がユニークなポスターで若者「確保」 志望者減続き
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです