メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界経済・見て歩き

中国・北京 花博会場 5G大国アピール 次世代通信へ19兆円投資

国際園芸博覧会会場

 あらゆるモノがインターネットで結びつく新たな経済社会の到来を前に、中国が次世代通信システム「5G」の開発に猛進している。北京市郊外で4月末開幕した国際園芸博覧会会場を歩くと、さわやかな花の祭典に似合わぬ中国の「野望」が垣間見えた。

 万里の長城にほど近い北京市郊外。中国で約20年ぶりとなる「花博」の会場は、日本を含む110の国や国際機関の庭園などがひしめき、各地の花の香りに包まれていた。しかし、メインゲートをくぐるとすぐに、明らかに周囲と不釣り合いな近代的な建物と出くわした。「5G」の最新技術を紹介するパビリオンだという。花博と5G。いったいどんな関係があるのか。

この記事は有料記事です。

残り1502文字(全文1787文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小田急線が脱線 踏切で乗用車と衝突 本厚木-伊勢原間で上下運転見合わせ
  2. 大麻所持 容疑で愛知の少年逮捕 岐阜中署 /岐阜
  3. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  4. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  5. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです