メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
世界経済・見て歩き

中国・北京 花博会場 5G大国アピール 次世代通信へ19兆円投資

国際園芸博覧会会場

 あらゆるモノがインターネットで結びつく新たな経済社会の到来を前に、中国が次世代通信システム「5G」の開発に猛進している。北京市郊外で4月末開幕した国際園芸博覧会会場を歩くと、さわやかな花の祭典に似合わぬ中国の「野望」が垣間見えた。

 万里の長城にほど近い北京市郊外。中国で約20年ぶりとなる「花博」の会場は、日本を含む110の国や国際機関の庭園などがひしめき、各地の花の香りに包まれていた。しかし、メインゲートをくぐるとすぐに、明らかに周囲と不釣り合いな近代的な建物と出くわした。「5G」の最新技術を紹介するパビリオンだという。花博と5G。いったいどんな関係があるのか。

この記事は有料記事です。

残り1502文字(全文1787文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

  4. チャゲアス脱退のASKAさんコメント全文

  5. らっこ・アーティスト Chage でこぼこ道でも未来へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです