メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界経済・見て歩き

中国・北京 花博会場 5G大国アピール 次世代通信へ19兆円投資

国際園芸博覧会会場

 あらゆるモノがインターネットで結びつく新たな経済社会の到来を前に、中国が次世代通信システム「5G」の開発に猛進している。北京市郊外で4月末開幕した国際園芸博覧会会場を歩くと、さわやかな花の祭典に似合わぬ中国の「野望」が垣間見えた。

 万里の長城にほど近い北京市郊外。中国で約20年ぶりとなる「花博」の会場は、日本を含む110の国や国際機関の庭園などがひしめき、各地の花の香りに包まれていた。しかし、メインゲートをくぐるとすぐに、明らかに周囲と不釣り合いな近代的な建物と出くわした。「5G」の最新技術を紹介するパビリオンだという。花博と5G。いったいどんな関係があるのか。

この記事は有料記事です。

残り1502文字(全文1787文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番で警官刺され拳銃奪われる 男が逃走 大阪・吹田市
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 暴言 女性教諭、児童に「ぶち殺す」 「アホ」「バカ」も
  4. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  5. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです