メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドイツ

街の通りも男女同権? ベルリン、女性にちなむ命名増加中

 【ベルリン共同】ドイツは街の各通りに名前が付く。名称は地名や地形のほか、歴史上の偉人らに由来するケースが多く、人物では男性の名前を冠する通りが大部分を占めてきた。だが首都ベルリンでは近年、女性の名前の通りが少しずつ増えている。「男女同権」の考えが波及した形だ。

 ドイツメディアによると、ベルリン(人口約355万人)には1万以上の通りがある。約3500が王族ら歴史上の人物や政治家、著名な学者など人物の名前を冠する。その約85%が「ゲーテ通り」や「カイザー(皇…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文577文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. 巨人・坂本勇「主将になって4年間、プロ野球人生で一番苦しんだ」

  3. 松山大元教授を不起訴 当時の学生ら5人も 松山地検 

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです