メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

内田麻理香・評 『科学の女性差別とたたかう 脳科学から人類の進化史まで』

 ◆アンジェラ・サイニー著、東郷えりか・訳

 (作品社・2592円)

「性差の神話」解体に挑む

 「男は論理的で、女は感情的」というような、性差を説明する言説は、いつも人気を博す。そして、それらの説は、ある程度の科学的根拠を持っていると考える人は少なくない。科学研究では、性差は注目度が高いテーマだ。著者は、性差を強調する科学そのものが偏見をもたらしてきたことを明らかにし、ジェンダー差を解消する科学のあり方を提示する。

 「男女には、脳の構造に差がある」、「女脳は共感しやすく、男脳はコンピューターなどのシステムの仕組みを理解する能力が高い」などの研究結果は耳にしたことがあるかもしれない。性差があることを説明する研究は、センセーショナルに受け止められ、「女性は駐車や数学は苦手だが、複数のことを同時にするのが得意」などのもっともらしい話の根拠に使われてきた。しかし、このような研究の多くは、今では信頼性が疑われ、かつて…

この記事は有料記事です。

残り1042文字(全文1449文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  3. 「真の文武陵」異例の成果 奈良・中尾山古墳 陵墓指定なく調査可能

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. 新年一般参賀中止を発表 昭和天皇逝去後の1990年以来 宮内庁、感染拡大懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです