メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 昭和31年春、高校を卒業したなつ(広瀬すず)は、アニメーターになる夢に向かい、雪次郎(山田裕貴)らと一緒に上京を果たす。雪次郎が菓子修業する新宿の「川村屋」を訪ね、マダムと呼ばれる光子(比嘉愛未)に出会う。光子の好意で、なつは川村屋に住み込みで働くことになる。

 東京で新生活を始めたなつは、兄咲太郎(…

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文364文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. 新型肺炎 クルーズ船乗客2人死亡 早期診察でも重症化

  5. 検事長定年延長、法解釈変更文書に日付なし 野党反発「奇妙な珍答弁」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです