メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲夏場所

朝乃山、1敗守る

嘉風(右)を押し出しで破った朝乃山

 横綱・鶴竜は千代大龍を問題にせず、初日から7連勝。2桁勝てば大関に復帰できる栃ノ心は琴奨菊を寄り切り、全勝を守った。2大関はともに白星を先行させた。

 新入幕の炎鵬が敗れ、1敗は朝乃山のみとなった。

 十両・安美錦の通算出場回数が1795となり、元関脇・寺尾(現錣山親方)に並んで歴代3位となった。

 朝乃山が勢いを取り戻した。前日の黒星を振り払うように幕内最年長37歳の嘉風を攻め切った。

 立ち合いから右をねじ込み、一気に出た。土俵際でも押し込み、勝負を決めた。「前に前に攻められた。足も腕も自然に出た」と満足そうだった。

この記事は有料記事です。

残り1065文字(全文1325文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  2. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

  5. 沖縄米軍基地で45人の集団感染 知事、米軍に感染者数公表、一部封鎖求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです