メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーマインド

審判の向上心、令和でも=小川佳実

 平成が終わり、令和の時代が始まった。平成は5(1993)年にプロリーグのJリーグが開幕し、6大会連続でワールドカップ(W杯)出場を果たすなど、日本サッカー界が大きく飛躍した時代だった。同時に審判を取り巻く環境も大きく変わった。

 Jリーグ開幕当時、1級審判員は100人程度で、試合を担当できたのは主審が約10人、副審が約30人だった。当初は定期的にセミナーが開催され、欧州や中南米からW杯を経験した審判を招いて学び、日本の審判の質も向上していった。J2、J3が創設されたことで試合数や審判も次第に増え、2018年度の1~4級の審判員の登録者数は27万4544人に上った。1級審判員は227人で、J1~J3にかかわる主審は約50人、副審は約100人となった。

 ただ、何万人もの大観衆の中で、審判員が笛を吹けるようになるまでの道のりは長い。W杯のピッチを目指す…

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文889文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」
  3. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  4. Hey! Say! JUMP有岡さん「アイドル界の池上彰さん目指す」 新連載で
  5. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです