メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

マルリナの明日 日常化した性暴力描く「ナシゴレン・ウェスタン」

 インドネシアから届いた、女性をヒーローとするウェスタン仕立ての映画。1960年代後半のイタリアで、数多くつくられた西部劇はマカロニ・ウェスタン、アメリカではスパゲティ・ウェスタンなどと呼ばれましたが、それに倣ってか、この映画はナシゴレン・ウェスタンとかサティー・ウェスタンとして紹介されています。

 観(み)てみると、女性ヒーローがマカロニ・ウェスタンの名作「夕陽のガンマン」のように馬に乗ってひとり荒野を行きますし、エンニオ・モリコーネそっくりの音楽も使われている。だからウェスタンを意識していることは間違いありませんが、それだけの映画と考えてはもったいない。今年公開されたなかでも有数の作品です。

 映画は果てしなく広がる荒れ地の映像から始まります。そのなかの一軒家にひとりで住む女性、マルリナの元…

この記事は有料記事です。

残り1296文字(全文1646文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 相模原殺傷被告、障害者排斥の主張変えず 「死怖い」極刑は恐れ

  5. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです