メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国 往年の「抗米」映画放送 米ロケドラマは見送り 貿易戦争うけ宣伝戦

朝鮮戦争を描いた「抗米」映画の放送を予告する中国中央テレビ(CCTV)の映画専門チャンネル=CCTVホームページより

 【北京・河津啓介】米中貿易戦争の激化を意識した中国当局の国内向け世論工作が活発になっている。テレビ局が突然、「抗米」をテーマに朝鮮戦争(1950~53年)を描いた半世紀前の白黒映画を連日放送。米国留学を題材にしたテレビドラマも19日からの放送が直前に中止となり、一部中国メディアは貿易戦争との関連を指摘している。

 中国中央テレビ(CCTV)の映画専門チャンネルは16日以降、夜のゴールデンタイムで、予定を変更し、…

この記事は有料記事です。

残り978文字(全文1185文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  3. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  4. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  5. 「しつけ…」小学校高学年の息子をバットで殴打の疑い 34歳逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです