豊洲市場、想定外の不振 魚離れか? 取扱量は築地の7%減

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
昨年10月11日に開場した豊洲市場。初日から多くのトラックが行き来した=東京都江東区で2018年10月11日午前5時46分、宮間俊樹撮影
昨年10月11日に開場した豊洲市場。初日から多くのトラックが行き来した=東京都江東区で2018年10月11日午前5時46分、宮間俊樹撮影

 「日本の台所」と呼ばれた築地市場(中央区)が移転し、昨年10月に開場した豊洲市場(江東区)の水産物取扱量の予想外の不振が続いている。開場から半年間の取扱量は、築地時代を7%近く下回った。全国的な不漁で品物がそろいにくく、魚の消費低迷が続いていると指摘する声もある。不振の要因を探った。【森健太郎】

 都は、豊洲市場の商品の温度や鮮度の管理が徹底した「閉鎖型」施設の強みを生かし、2023年度に水産物取扱量を築地時代(17年度)の1・6倍にあたる61・6万トンまでアップさせる計画を示してきた。豊洲移転後半年間(昨年10月~今年3月)の取扱量も、都は19万トンに乗せる見込みを立てていた。だが、実際は前年同期を6・9%下回る17・7万トンにとどまった。

 水産卸売業「中央魚類」の幹部によると、全国各地で魚の水揚げが振るわず集荷に苦戦していることに加え、「魚食離れ」が進んで魚価も上がらない状況が続いている。「下げ幅は危険水域。ここまで悪いとは予想していなかった」と漏らしつつ、「施設の衛生面は格段に向上した。夏場に豊洲の本領が発揮される」と期待をつなぐ。

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文852文字)

あわせて読みたい

ニュース特集