メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「50年無事故だったのに」 死亡事故起こした82歳男性 能力低下、自覚遅れ

母子が亡くなった事故から1カ月を迎えようとする現場で献花する人たち=東京都豊島区で2019年5月18日午前11時21分、玉城達郎撮影

 東京・池袋で母子がはねられ死亡した事故から19日で1カ月となった。高齢ドライバーによる事故が社会問題化するなか、7年前に死亡事故を起こした横浜市の男性(82)が毎日新聞の取材に応じた。事故後、遺族への謝罪は拒否され、今は償いとして自転車での生活を続ける。「取り返しのつかないことをやってしまった」。自責の念と後悔の日々を静かに語った。

 2012年、当時74歳だった男性は市内の駐車場に軽乗用車をバックで止めようとした。だが、車は車止め…

この記事は有料記事です。

残り667文字(全文885文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  3. 高2、転倒の80代男性を介抱 徒歩で1時間、灯油タンク持ち送り届ける

  4. 愛媛・西条市が「若者が住みたい田舎」全国1位に 前年5位からアップ

  5. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです