メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100人誘導、ザイルで一人ずつ 屋久島「経験したことない雨」

荒川三差路付近で発生した土砂崩れ現場を警戒する救助隊員ら=2019年5月19日午前、読者撮影

 世界遺産の鹿児島・屋久島で悠久の原生林を楽しむはずだった登山客が、自然の猛威により命の危険にさらされた。豪雨による土砂崩れで孤立した314人は19日、全員が無事下山したが、大雨シーズンを迎え、安全なツアーのあり方に課題を残した。

 山小屋で一夜を明かした東京都八王子市の無職、山田辰良さん(66)は18日午後4時ごろ、屋久島最高峰の宮之浦岳(1936メートル)からの下山中、雷雨に見舞われた。登山道に水が流れ込み「水のかさが膝下ぐらいまでになって歩けない状態になった」と振り返る。

 大阪府太子町の主婦、村井みさ子さん(62)は「ガイドさんの連係プレーで助かった」と語る。下山途中の…

この記事は有料記事です。

残り644文字(全文934文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです