メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

進まぬ腎移植 中国で手術の女性「助かる命ある」…透析問題の背景を探る

 人工透析治療を巡る一連の問題の背景にあるのは、国内で進まない腎臓移植だ。

 金沢市の石崎真理さん(59)は、腎機能が徐々に低下する「慢性糸球体腎炎」を13歳で発症。37歳の時にがんが見つかり、右腎臓と副腎を摘出した。その後も腎不全の症状は好転せず、2000年に透析生活が始まった。

 透析治療は腎臓に代わって血液中の老廃物や余分な水分を取り除く。(1)腕などに針を刺したり首周辺から管(カテーテル)を入れたりして血液を浄化する血液透析(2)腹腔(ふくくう)内に透析液を入れて毒素や老廃物を取り除く腹膜透析――の2種類あり、石崎さんが勧められたのは前者。「透析すれば楽になる」と言う医師の言葉が決め手だった。

 だが、週3回、1回4~6時間に及ぶ治療は過酷だった。腕の動脈と静脈をつないで作った血管の分路(シャ…

この記事は有料記事です。

残り609文字(全文961文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  2. ORICON NEWS 金子ノブアキ、RIZEメンバー2人の逮捕を謝罪「更生を願う」 金子賢輔容疑者は実弟
  3. 参院選、投票率前回下回る9.7% 午前11時現在
  4. 参院選投票日にあたっての各党の声明 全文
  5. 吉本・岡本社長 22日に会見 宮迫さんらの会見受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです